ふぎと屋【溺書ブログ】

「色んな本が読みたい」「もっと深い読書がしたい」あなたのための溺書ブログ。見たい記事を見たいだけどうぞ。

ブックレビュー

【文体という兵器】伊藤計劃『虐殺器官』(ハヤカワ文庫) #25

どーも、ふぎとです。今日は伊藤計劃『虐殺器官』(ハヤカワ文庫)を紹介するよ。 虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA) 作者:伊藤計劃 発売日: 2014/08/08 メディア: 文庫 作品紹介 小説を批評するとき、「文体」ということが取り沙汰されることがある。小学館…

【妖怪モヤモヤ】京極夏彦『姑獲鳥の夏』(講談社文庫) #19

どーも、ふぎとです。今日は京極夏彦『姑獲鳥の夏』を紹介するよ。 文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫) 作者:京極 夏彦 発売日: 1998/09/14 メディア: 文庫 作品紹介 すべての読書を「スッキリする読書」と「モヤモヤする読書」に分けるとすると、ぼくのなかで…

【誰がゲルニカを描いたのか】原田マハ『暗幕のゲルニカ』(新潮文庫) #14

どーも、ふぎとです。今日は原田マハ『暗幕のゲルニカ』を紹介するよ。 暗幕のゲルニカ (新潮文庫) 作者:マハ, 原田 発売日: 2018/06/28 メディア: 文庫 作品紹介 2001年。ニューヨークの現代美術館(MoMA)で働く瑶子は、来る「ピカソ展」に向けた準備に携わ…

【"感じかた"の提案】吉本ばなな『キッチン』(新潮文庫) #13

どーも、ふぎとです。今日は吉本ばなな『キッチン』を紹介するよ。 キッチン (新潮文庫) 作者:ばなな, 吉本 発売日: 2002/06/28 メディア: 文庫 作品紹介 今は昨日よりも少し楽に息ができる。また息もできない孤独な夜が来るに違いないことは確かに私をうん…

【ながい午後をゆく】B.W.オールディス『地球の長い午後』(ハヤカワ文庫) #12

どーも、ふぎとです。今日はB.W.オールディス『地球の長い午後』を紹介するよ。 地球の長い午後 (ハヤカワ文庫 SF 224) 作者:ブライアン W.オールディス 発売日: 1977/01/28 メディア: 文庫 作品紹介 1人の読み手として、作家の想像力・描写力に畏怖の念を…

【御免状はどこだ】隆慶一郎『吉原御免状』(新潮文庫)

どーも、ふぎとです。 今日は隆慶一郎『吉原御免状』を紹介するよ。 作品・著者紹介 明歴3年(1657)、浅草日本堤から江戸を見渡す男の姿があった。名は、松永誠一郎。「26になったら江戸に行き、吉原の庄司甚右衛門を訪ねよ」という師-宮本武蔵政名-の遺言…

【2回は読める離散小説】法条遥『忘却のレーテ』(新潮文庫)読んでみた

どーも、ふぎとです。今日は法条遥『忘却のレーテ』を紹介するよ。 忘却のレーテ(新潮文庫) 作者:法条 遥 発売日: 2015/10/23 メディア: Kindle版 誰でも、忘れたいことがある。忘れたくても、忘れられないことがある。では、「忘却薬」を処方されたら、…

【天からのギフト】恩田陸『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎文庫)読んでみた

どーも、ふぎとです。今日は恩田陸『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎文庫)を紹介するよ。 蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)作者:恩田 陸出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2019/04/10メディア: 文庫読んだきっかけ この本との出会いは、最初は本屋でした。でもその時はそんな…

【人生に甦る】ディケンズ『二都物語』(新潮文庫)読んでみた

どーも、ふぎとです。今日はディケンズ『二都物語』(新潮文庫)をご紹介。 二都物語 (新潮文庫) 作者:チャールズ ディケンズ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/05/28 メディア: 文庫 「"ドーヴァーにて令嬢(マドモアゼル)を待て"。ほら、長くないだろう…