ふぎと屋【溺書ブログ】

「色んな本が読みたい」「もっと深い読書がしたい」あなたのための溺書ブログ。見たい記事を見たいだけどうぞ。

平野啓一郎『本の読み方』(PHP文庫)を読んでみた

 
どーも、ふぎとです。

今日は平野啓一郎『本の読み方』(PHP文庫)をご紹介。

 
 僕は書店で一目見た本に惚れて、そのまま買うという
事が多いんですが、この本もそんな1冊でした。確か神
戸センター街のジュンク堂だったかな。
 
 本の中身をひとことでいうと「アンチ速読」。下手に
読んだ冊数を稼ぐよりも1冊1冊丁寧に読んだ方が、結
局は人生に役立つよね、っていうことです。
 
 著者の平野啓一郎さんは小説家。去年公開された、福
山雅治さん主演の映画『マチネの終わりに』の原作者と
言えばピンと来る人もいるかもですね。

k-hirano.com

 
 この本には「血肉にするための読書」の具体的な方法
もいろいろ書いてあって、読ませるところが多いです。
特に後半の「実践編」は圧巻ですよ。明治~平成の小説
だけじゃなく、ミシェル・フーコー『知への意志』とい
思想書まで、ゴリゴリと読んでいくサマにしびれまし
た。なので哲学書とかいろいろ読んでみたいって人にも

オススメです。


本の読み方 スロー・リーディングの実践 (PHP文庫)

本の読み方 スロー・リーディングの実践 (PHP文庫)

 

 

 
ではでは、今日はこの辺で。ふぎとでした。