ふぎと屋【溺書ブログ】

「色んな本が読みたい」「もっと深い読書がしたい」あなたのための溺書ブログ。見たい記事を見たいだけどうぞ。

【誰がゲルニカを描いたのか】原田マハ『暗幕のゲルニカ』(新潮文庫) #14


f:id:fugithora812:20200328151540j:image

どーも、ふぎとです。
今日は原田マハ『暗幕のゲルニカ』を紹介するよ。

 

暗幕のゲルニカ (新潮文庫)

暗幕のゲルニカ (新潮文庫)

 

 


作品紹介


 2001年。ニューヨークの現代美術館(MoMA)で働く瑶
子は、来る「ピカソ展」に向けた準備に携わっている。
そんな折に起こった9.11のテロによって、彼女は夫を亡
くしてしまう。テロを受け、アメリカのコーネリアス
パワー長官は「イラクへの武力行使はやむを得ない」と
国連本部で行われた記者会見で語った。そのとき、"反戦
の象徴"として、長官の背後にあるはずの『ゲルニカ』の
タペストリーは暗幕で伏せられていた―。


 1937年。パリ万博で建設されるスペイン館の目玉とし
て、大使館から大作を依頼されていたパブロ・ピカソは、
思うように筆を進めることができず懊悩していた。そん
なとき、彼の親友、ハイメが血相を変えてやってくる。
手には新聞。一面には「ゲルニカ 空爆される」の大見
出し―。


 本作は、現代と戦時期の物語が、交互に語られながら
進んでいく。2つの時代は断絶しているわけではなく、
ゲルニカ」や"美の巨人"パルド・イグナシオ、「鳩の
ドローイング」といった"時をかけるアイテム"でつなが
れている。そのため読者が時間を行きつ、戻りつする度
に、「戦時期」の主人公ピカソと「現代」の主人公、瑤
子とをつなぐ糸が撚り合わされていく。いったい、タペ
ストリーに暗幕をかけさせたのは誰なのか?そして、瑶
子は企画中のピカソ展を実現させられるのか?


著者紹介


1962年、東京都生まれ。小説家の原田宗典は兄。関西学
院大学卒業後、広告プロダクションや美術館勤務を経て、
商社の美術コンサルタントとして活躍。94年に学芸員
資格を取得。森美術館の設立準備に携わった後、カルチ
ャーライターとして活動。2005年、「カフーを待ちわび
て」で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞し作家デビュ
ー。他の作品に「インディペンデンス・デイ」「本日は、
お日柄もよく」「でーれーガールズ」など。

(集英社イミダス」より)


この本をオススメしたい人


・美術好きの人
・「スッキリする小説」が読みたい人

 

暗幕のゲルニカ (新潮文庫)

暗幕のゲルニカ (新潮文庫)

 

 


ではでは今日はこの辺で。ふぎとでした。