ふぎと屋【溺書ブログ】

「色んな本が読みたい」「もっと深い読書がしたい」あなたのための溺書ブログ。見たい記事を見たいだけどうぞ。

【6000人一斉自殺】伊藤計劃『ハーモニー』(早川書房) #18


f:id:fugithora812:20200331101846j:image

 どーも、ふぎとです。
今日は伊藤計劃『ハーモニー』を紹介するよ。

 

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者:伊藤計劃
  • 発売日: 2014/08/08
  • メディア: 文庫
 

 


作品紹介


 Lifism―生命至上主義。2019年に発生した核兵器の散
発的な使用は、人類の健康危機を引き起こし、その反作
用として台頭した、構成員の健康の保全統治機構の最
大の責務とする考え方。人々はWatchMeと呼ばれるソフ
トウェアを体内にインストールすることで、自らの健康
管理を「外注」するようになった。そんな世界において、
ある日6000人以上の人間がまったく同時に自殺するとい
う事態が発生する。その折、WHO(世界保険機構)の「螺
旋監察官」である主人公トァンは、友人キアンの自殺を
目の当たりにする。捜査の過程で浮かび上がってきたの
は、13年前に死んだ筈と思われていたトァンのもう1人
の友人、ミァハの存在だった。
 この小説で描かれているのは、いわば「管理社会の1
つの極致」だ。この舞台設定によって、私たちが自明と
思っていることが相対化される。つまり、いまの「当た
り前なこと」は、巨視的に見ると「特殊なこと」のひと
つにすぎないのだ。改めて自分たちは、ある「ルール」
に従って思考・行為しているのだと感じさせられた。


著者紹介:伊藤計劃


 昭和49年10月14日生まれ。Webディレクターのかた
わら執筆活動をつづける。がん闘病中の平成19年刊行の
虐殺器官」がデビュー作。20年「ハーモニー」を刊行。
平成21年3月20日死去。34歳。「ハーモニー」は死後の
平成21年の星雲賞(日本長編部門)、22年日本SF大賞、2
3年にはフィリップ・K・ディック賞特別賞を受賞。東京
都出身。武蔵野美大卒。
講談社『日本人名事典』より)


この本をオススメしたい人


・近未来を描いたSFが好きな人
・いまの社会の「ルール」を客観的に見つめ直したい人
・とにかく面白い話が読みたい人

 

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者:伊藤計劃
  • 発売日: 2014/08/08
  • メディア: 文庫
 

 


ではでは今日はこの辺で。ふぎとでした。