ふぎと屋【溺書ブログ】

「色んな本が読みたい」「もっと深い読書がしたい」あなたのための溺書ブログ。見たい記事を見たいだけどうぞ。

【観天望気のシングルマザー】川端裕人『雲の王』(集英社文庫) #29

f:id:fugithora812:20200412125238j:image

どーも、ふぎとです。
今日は川端裕人『雲の王』(集英社文庫)を紹介するよ。

雲の王 (集英社文庫)

雲の王 (集英社文庫)

  • 作者:川端 裕人
  • 発売日: 2015/07/17
  • メディア: 文庫
 

 


作品紹介


 「共感覚」という言葉がある。これは五感のいずれか
から刺激を受け取ったときに、別の感官も刺激される現
象のことだ。つまるところ「ド」の音を聞いたときに青
色が見えたり、ラベンダーの香りを嗅ぐと「ファ」の音
が聞こえたりするような現象をいう。この共感覚をもっ
ている人はそう多くはないけれど、言葉の上では「黄色
い声」や「甘いささやき」のように共感覚的な慣用句が
何気なく使われていたりする。
 本書はそんな、共感覚的な能力を手にいれた主婦のま
わりで物語が広がってゆく。主人公の南雲美晴は、気象
庁の観測所に勤めているシングルマザー。彼女はとある
出来事をきっかけに、空気中の水蒸気の動きを視覚的に
見てとる能力を得る。自分の変化に戸惑う美晴だったが、
1年以上前に失踪した兄からの便りを受けて訪れた南房
で、自分が天気を「よむ」能力を持った一族の末裔であ
ることを知る。
 この、彼女が手にいれた能力は正確には共感覚ではな
い。むしろ、AR(拡張現実)に近いものだとおもう。ぼく
が面白いと思ったのは、そんな能力を手にいれたのがフ
ァンタジー作品のヒーローでなく、現代日本に生きる一
介の主婦である点だ。ファンタジーならば、能力を手に
いれたヒーローは、その能力を駆使して囚われのヒロイ
ンを助けにいったりするものだけど、美晴はあくまでも
小学生であるひとり息子を育てるシングルマザーであり、
そこにおいて現実の変容を何とか食い止めようとする。
これは別に女性差別のような意図はないのだが、彼女は
作中において「ウチ」を守ろうとする役割を担っている
ようにみえる。一方で、1年以上失踪していた美晴の兄
は、彼自身の信念を持って彼女を「ソト」へと連れだそ
うとする。このきょうだいの対比が物語をいっそうふっ
くらしたものにしているようにおもわれる。
 著者の川端裕人は1964年、明石の生まれ。東大の教養
学部を卒業した後、日本テレビの記者として科学技術庁
気象庁を担当していた。本書では記者時代に得た知見
が惜しみ無く披瀝されているように見える。インド洋か
ら太平洋にまでつながる「天気の波」、マッデン・ジュ
リアン振動が登場する中盤のカラオケ店での場面が良い
例だ。因みにマッデン・ジュリアン振動について、小学
館の『日本大百科全書』では次のように述べられている。


おもにインド洋で発生する数千キロメートルスケールの
巨大雲群が、赤道に沿って毎秒約5メートル程度の速度
で東へ進み、多くは太平洋の日付変更線付近で消滅する
現象のことで、英語の頭文字をとってMJOと略される。
雲は日付変更線付近で消滅するが、マッデン・ジュリア
ン振動に伴う風の分布は東進を続け、地球を一周する。
発生周期が30日から60日で、季節より短いので季節内変
動に分類される。名称の由来は、1972年にアメリカの気
象学者マッデンRoland A. Madden(1938―)とジュリア
ンPaul R. Julian(1929― )によって赤道上の風と気圧
に40~50日の周期性があることが発見されたことによる。
 マッデン・ジュリアン振動は、全体的には東進するが、
分岐して北進や南進する循環場もある。インド洋のモン
スーンは、マッデン・ジュリアン振動の北進にあわせて
始まり、1~2か月周期で強弱変動するなど、非常に深く
関連している。また、海洋に大きな影響を与え、対流圏
下層の強い西風(西風バースト)を伴っていることから、
エルニーニョ現象の開始や終了に関連しているという研
究もある。さらに、マッデン・ジュリアン振動に伴う対
流活動の活発な領域では熱帯低気圧の発生が促進される
という研究もあり、熱帯の天候と密接な関係をもってい
る。また、偏西風やジェット気流の異常やブロッキング
現象などを通じて、日本に異常気象とよばれるような天
候をもたらす間接的要因ともなっている。


 古来から、ぼくたちは空を仰いで天気を予測すること
を「観天望気」と呼んできた。今、世の中はコロナの感
染拡大に端を発する不景気の「雨」が降りつつあるが、
そんな時こそ本作のような物語で「観天の妙」をあじ
ってみてはいかがだろうか。


この本をオススメしたい人


・雲を見るのが好きな人
・ワクワクする話が読みたい人
・「自分もシングルマザーだ!」という人

雲の王 (集英社文庫)

雲の王 (集英社文庫)

  • 作者:川端 裕人
  • 発売日: 2015/07/17
  • メディア: 文庫
 

 


ではでは今日はこの辺で。ふぎとでした。